MENU

マイナビitエージェントは第二新卒も利用可能?転職成功のポイントを徹底解説

s-eyecatch

IT・Web業界の転職に特化したエージェントサービスの一つである、マイナビITエージェント。
転職活動のサポートも手厚く、非公開求人の数も多い点が特徴です。

エンジニア歴2年のあかねさん

第二新卒の転職でも利用できるの?

エンジニア歴7年のこうきさん

第二新卒がIT業界への転職を成功させるポイントも知りたい!

本記事では、マイナビITエージェントは第二新卒でも使えるのか、利用する際の注意点を紹介します。
第二新卒が転職を成功させるためのポイントも解説するので参考にしてください。

マイナビITエージェントの概要
  • 第二新卒向けの求人も取り扱いあり
  • 転職活動のサポートをしてもらえる
  • アドバイザーがIT業界に精通している
  • IT業界への志望意欲を伝えることが重要
目次

【結論】マイナビITエージェントは第二新卒の転職におすすめ!

s-recommend

マイナビITエージェントが第二新卒の転職におすすめな理由を解説します。

【結論】マイナビITエージェントは第二新卒の転職におすすめ!
  • マイナビITエージェントは未経験向け求人も掲載
  • 非公開求人が多数でライバルとの競争が少ない
  • IT業界に特化したアドバイザーが転職活動をサポートしてくれる

どの転職エージェントサービスにしようか悩んでいる方はチェックしてください。

マイナビITエージェントは未経験向け求人も掲載

マイナビITエージェントは、検索画面のこだわり条件に「業界未経験歓迎」と「第二新卒歓迎」の項目が用意されています。
2-top

業界未経験歓迎と第二新卒歓迎にチェックをつけて、職種をシステムエンジニアに絞り込んで検索すると、公開求人数2,014件+非公開求人416件と出てきました。(2023年6月)

上記のように、マイナビITエージェントは未経験者向けの求人も多数掲載されています。
求人の詳細を確認したところ、例えば必須条件に情報系・電気系の学科を卒業されている方とあり、スキルなしでも募集されていることを確認できました。

ただし、なかにはスキルが必須な求人も混ざっています。
あくまでも業界が未経験な人材を指しており、職種やスキルが求められるケースもあります。

ITやWeb業界自体が未経験の方は、応募条件をよく確認してください。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

非公開求人が多数でライバルとの競争が少ない

職種をシステムエンジニアに設定して検索すると、公開求人数16,127件+非公開求人6,221件と表示されました。(2023年6月)

マイナビITエージェントは非公開求人を多数取り扱っています。
非公開求人とはアドバイザーのみが把握している求人のことです。

一般の求職者は知り得ない求人のため、ライバルが少ない傾向にあります。
希望条件やスキルを伝えると担当者がマッチする求人を紹介してくれます。

ライバルが少なく良質な求人もあるので、魅力に感じたら積極的に申し込みましょう。

IT業界に特化したアドバイザーが転職活動をサポートしてくれる

マイナビITエージェントのアドバイザーはIT業界に精通しています。
転職活動も手厚くサポートしてくれるため、転職が初めての第二新卒の方でも問題ありません。

業界ならではの対策やアドバイスをもらえるのは心強いでしょう。
また、職務経歴書や履歴書の添削、面接対策も行ってもらえます。

実際「応募書類の添削を何度も行ってもらったため、書類選考はほぼ通過した」という口コミもありました。

また「面接に苦手意識があったけれど、模擬面接やフィードバックをもらえたので本番では緊張せずに臨めた」との声も見受けられました。

はじめての転職で不安な方には特におすすめです。

第二新卒がIT業界への転職を成功させるためのポイント

s-success

第二新卒がIT業界への転職を成功させるためのポイントは以下のとおりです。

第二新卒がIT業界への転職を成功させるためのポイント
  • IT業界の仕組み・企業についてよく調べる
  • 今後のキャリアプランを明確にする
  • 目指す分野に対して出来る限りの学習をしておく
  • 社会人としてマナー・教養を身に着ける
  • 採用担当者に納得してもらえる退職理由を考える

それぞれ解説します。
チェックして転職の成功率を高めましょう。

IT業界の仕組み・企業についてよく調べる

第二新卒だからといって何も知らないのは通用しません。
しっかりとIT業界の仕組みや、応募する企業の情報は調べておきましょう。

そもそもITといってもソフトウェア業界なのか、ハードウェア業界なのか。
どのような事業をメインに行っている会社なのかなど、検討する事項はさまざまです。

また、リサーチ力や勉強した内容は自身のIT業界への志望度を伝えられます。
企業にしっかりとアピールするためにも情報収集は必須です。

今後のキャリアプランを明確にする

将来像が明確になっていないと、短期離職を繰り返す恐れがあります。
直近だけではなく、5~10年後のキャリアプランを立てておきましょう。

とりあえず入社したいと焦って転職活動をすると「こんなはずではなかった。」とミスマッチになりかねません。

やりたい仕事や目標から逆算して、どの業界・職種であれば理想に近づけるのか、どの企業であれば達成できそうかを考えることが重要です。

企業側も採用・教育にコストがかかるため、できる限り長く働いてもらいたいと思うものです。
今一度、将来のプランを考えてみましょう。

目指す分野に対して出来る限りの学習をしておく

IT業界の仕事といっても、業務内容は多岐にわたります。
自身の目指す分野については可能な限り勉強をしておきましょう。

ITの基礎知識やパソコンに関する知識はもちろん、トレンドを押さえておくことも大切です。
配属される部署によって必要なスキルは異なりますが、下調べは必須です。

転職活動は、新卒の就職活動と異なる点も多くあります。
特になぜこの業界・職種を選んだのか、前職で活かせるスキルは質問されるでしょう。

未経験だからといって何も知らないのは通用しません。
できる限りの学習をして転職の成功率を高めましょう。

社会人としてマナー・教養を身に着ける

第二新卒は、ある程度のビジネスマナーや教養が身に着いていると判断される傾向にあります。
なぜなら、新卒で入社した会社で研修や教育を受けていると思われるからです。

企業が第二新卒を採用するメリットは、教育のコストを抑えられる点が挙げられます。
そのため、社会人としてのマナー・教養はしっかりと身につけておきましょう。

ビジネスマナーといってもたくさんありますが、基本的なことは下記のとおりです。

ビジネスマナーの一例
  • 挨拶や身だしなみ
  • 言葉遣い
  • 名刺交換の方法

もしも自信がないときは、インターネットで調べるか本でも勉強できます。
選考に臨む前に対策しておきましょう。

採用担当者に納得してもらえる退職理由を考える

転職活動において、退職理由は必ずと言ってよいほど聞かれる定番の質問です。
退職理由はなるべくポジティブな内容に変換して伝えることをおすすめします。

なぜなら、ネガティブな退職理由をそのまま伝えても「また同じような理由で辞めてしまう」と思われる可能性があります。

たとえば、長時間労働が原因のときは、スキルアップするための勉強時間を確保できなかったと言い換えられるでしょう。

あくまでもスキルを向上させたい、もっと自分の実力を試したいなど、採用担当者に納得してもらえるような理由を考えておきましょう。

マイナビITエージェントを利用する際の注意点

s-note

マイナビITエージェントを利用する際の注意点は下記のとおりです。

マイナビITエージェントを利用する際の注意点
  • 経歴やスキル面で嘘を伝えない
  • IT業界を目指す意思が強いことを担当者に伝える
  • 未経験向けの求人が少ない時は他のエージェントも併用する

理由もあわせて解説するのでご確認ください。

経歴やスキル面で嘘を伝えない

マイナビITエージェントを利用するとき、最初にこれまでの経歴や培ったスキルを入力します。
登録内容をもとに担当者と面談をするので、経歴やスキル面で嘘を記載するのはやめましょう。

仮に嘘をついたまま選考に挑んでも、採用担当者には見抜かれるでしょう。
内容に矛盾があれば企業にも不信感を与えマイナス評価につながります。

経験が浅い、スキルに自信がないケースでも、担当者には正直に伝えておくとマッチする求人を紹介してもらえるかもしれません。

嘘を伝えるのは控えましょう。

IT業界を目指す意思が強いことを担当者に伝える

マイナビITエージェントは、IT業界への転職の意思が低ければ求人を紹介されないこともあります。
そのためIT業界への志望意欲をしっかりと伝える必要があります。

最初の会員登録のときに転職への希望条件や、現職の職務内容を入力する欄があります。
きちんと記載されていないと、転職の意思が弱いと思われかねません。

入力項目はしっかりと埋めてIT業界への転職の意思をアピールしましょう。

未経験向けの求人が少ない時は他のエージェントも併用する

マイナビITエージェントは未経験者向けや第二新卒歓迎の求人もあります。
ただし数としては、さほど多くはありません。

ITやWeb業界は即戦力人材やスキルを求められるケースも多いため、
完全未経験者向けの求人は少ない傾向にあります。

自身に向いている求人が少ないと感じたら、ほかのエージェントも利用するとよいでしょう。
なかには未経験者向けの求人を多く扱う転職サイトもあります。

マイナビITエージェントは利用しつつ、ほかのサイトも併用することをおすすします。

マイナビITエージェントを利用して転職するまでの流れ

s-flow

STEP.1
無料会員登録
公式サイトから登録をします。入力内容は個人情報や転職先への希望条件など一般的なものが中心で、3~5分ほどで完了します。
STEP.2
担当者と面談
会員登録後、5営業日以内に面談に関する連絡が届きます。
STEP.3
求人の紹介
面談を終えて希望条件をヒアリングしたら、マッチする求人を紹介してもらえます。
STEP.4
応募書類の添削、面接対策
職務経歴書、履歴書などの添削をしてもらえるので、完成度を高めて志望する企業に応募しましょう。希望者には模擬面接をしてもらえます。
STEP.5
応募・面接
書類選考が通過したら面接です。面接日の調整もアドバイザーがしてくれます。
STEP.6
内定・内定後フォロー
内定を獲得したら、入社日の調整や年収交渉も代行してもらえます。

第二新卒のマイナビITエージェント利用についてよくある質問

s-question

第二新卒に関するマイナビITエージェントの利用についてよくある質問を紹介します。

第二新卒のマイナビITエージェント利用についてよくある質問
  • マイナビITエージェントは未経験者でも利用できますか?
  • マイナビITエージェントの評判は良いですか?
  • 第二新卒からIT業界へ転職することは可能ですか?

ぜひチェックしてください。

マイナビITエージェントは未経験者でも利用できますか?

未経験者でも利用はできます。
ただし、まったくの未経験やIT業界への志望度が高くないと判断されると、紹介できる求人がないケースもあります。

会員登録するときに入力する項目をしっかりと埋め、転職の意思を示すことが重要です。

また、マイナビITエージェントには、非公開求人や独占求人も多数あります。
未経験からでも応募できる企業を紹介してもらえるかもしれません。

マッチする求人がないかアドバイザーに相談してみましょう。

マイナビITエージェントの評判は良いですか?

評判は良いといえます。
実際の口コミを確認したところ「担当者が丁寧だった」、「サポートが手厚かった」などの高評価が目立ちました。

一方で「担当者があまり良くなかった」、「希望している条件の求人を紹介してもらえなかった」などの悪い評価もなかにはありました。

もしも担当者が合わないと感じたら、公式サイトから変更を依頼できます。
また、希望する求人がなければ、より細かい条件を担当者に伝えるか他社サイトと併用するのも1つの方法です。

上手に活用しましょう。

第二新卒からIT業界へ転職することは可能ですか?

転職自体はできるでしょう。
ただし、企業によってはスキルを必要とされる場合や、ある程度の経験を求められるかもしれません。

企業の募集要項を確認して、合致する求人には積極的に申し込みましょう。

第二新卒が転職を成功させるためには、IT業界に関する情報収集や応募する分野の知識を習得しておくことをおすすめします。

また、転職理由は採用担当者が納得するような内容を考えておきましょう。
ネガティブな理由をそのまま伝えても、また同じ理由で退職すると思われかねません。

短期離職をすると思われないよう、IT業界への志望度の高さやキャリアプランをアピールし、内定を獲得しましょう。

【まとめ】マイナビitエージェントは第二新卒も利用できる?

s-point

マイナビITエージェントは第二新卒でも問題ありません。
第二新卒向けの求人も扱っているのでチャンスは十分にあるでしょう。

また、マイナビITエージェントは転職のサポートも豊富です。
そのため、第二新卒の転職にもマイナビITエージェントはおすすめできます。

しかし、未経験からIT業界を目指す場合は、自身でも情報収集や分野の勉強は欠かせません。
志望度の高さへのアピールにも繋がるので、入念なリサーチは必要です。

本記事を参考にしてIT業界への転職を成功させましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる