toggle
『自給・自信・自立』がつながりあう " 地域 " と " 知域 "

Members

代表理事

まりりん(松原 万里子)

jpg1

29歳で失聴。それを機に保育士から事務職へ転職。
その後自然療法であるヒーリングと出会い、自分が癒された経験から、
同じように悩む人に寄り添いたという思いで、ヒーリングサロンを
オープン。
2011年、自然との共生と自給の生活を求めて、東京から匝瑳に移住。
自然と調和して生きる!まりりんの里山古民家暮らし

おっちー一家
越智雅紀

2014年、夫婦で介護の仕事を退職し子ども生まれたのを機に、匝瑳の大地に電撃移住。たんぼや畑を借り、地元の方々の優しさと温かい応援に支えられながら自給生活を志す。

その後こどもも一人増え、安心の野菜、卵の生産を目標に2018年度より農家として就農。 現在は原点であるゆとりある自給的生活に大きくシフトしつつあり、農園規模を縮小。 月の売上を5万円以内に収める兼業農家を目標にとして、その他の小さなナリワイを組み合わせている。 続々と増える移住仲間と交流しながら、地域社会で元氣に子育てに奮闘中。

陽と月農園ホームページ
農的移住と子育てブログ

青山  完 (あおやま かん)

2015年会社を退職、栃木県那須町にある非電化工房の藤村先生に弟子入りし一年間修行。非電化工房卒業後、匝瑳の空き家だった古民家を借りてセルフリフォーム。

田んぼ畑をやりながら、スモールビジネス(月3万円ビジネス)、地元の方のお仕事のお手伝い、タイニーハウス作り、WS、古民家修繕などいろいろなことを実践中。

井上 大貴(いのうえ ひろき)

元IT系エンジニア。仕事漬けの現状に対し疑問を抱き、思い切って仕事を辞めることを決断。そして12年間勤めた会社を退職。

「今までとは変わったことをしたい。」

生活の変化を求め、2016年4月に船橋市から匝瑳市周辺に移住。

現在は、Sosa ProjectのIT周りを担当すると共に、田んぼ・畑をやりながら、農的な自給自足生活を行っている。


理事

髙坂 勝

株式会社「Re」代表。2000年に脱サラ後、東京池袋に一人で営む Organic Bar 「たまにはTSUKIでも眺めましょ」を開業。14年間営み、世間からは「退職者量産Bar」と呼ばれつつ、2018年3月に卒「業」。Barを営む傍、2009年から千葉県匝瑳市で米と大豆を育て、後にNPO SOSA PROJECT 創設運営。その間、ナマケモノ倶楽部世話人、緑の党GJ 初代共同代表、脱成長MTG 発起人を経てくる。2019年10月、株式会社「Re」設立。著書に『減速して自由に生きる』『次の時代を、先に生きる』など。ハーバービジネスオンラインに連載。NHKの「マイあさラジオ〜サンデーエッセー」に年4回レギュラー出演。

次の時代を先に生きる』(ワニブックス)
緑の党グリーンズジャパン初代共同代表
ナマケモノ倶楽部 元世話人
脱成長ミーティング 発起人
DOWN SHIFTERS