toggle
『自給・自信・自立』がつながりあう " 地域 " と " 知域 "

SOSA Projectとは?

千葉県匝瑳(そうさ)市の「アルカディアの里」を中心に、
都市山村交流を通じての農作業や里山活動をしています。

その目的は、

地域住民の方々と一体となって仕事を創り、Iターンを増やし、

地域の文化・伝統・技術を継承し、地域のお役に立つこと。

その手始めとして、
都市住民の自給へのニーズに応えるため、
“ マイ田んぼ ”  や  “ マイ畑 ”  を斡旋提供し、
冬水田んぼ(冬期湛水不耕起栽培)の米作などに取り組んできました。

現在、
東京近郊在住の個人やグループ延べ100人以上が
米と大豆を自給しています。

自分で育てたお米の美味しさと感動を覚えた多くの参加者によって
2009年からの3年間で8反(約8000㎡)の荒れた田んぼが
ほぼ手作業で見事に蘇りました。

今年は匝瑳への移住者も6人になり、
古民家のリフォームなども進めています。

今後は、
個々人の暮らしの自給力を高めるようなプログラムを準備してゆきます。

味噌や醤油づくりなどのワークショップ、
小さな家のセルフビルド、自然エネルギーでの電気自給、
スモールビジネス(生業)の創出など。

個々人の「自給」「自信」「自立」がつながりあう “ 地域 ” と ” 知域 ”  。
互いに循環する「真心」と「経済」によって「安心」が紡がれてゆく。
ヒトとシゼンの調和する未来の雛形を匝瑳(そうさ)から創ってゆきたい。

それが SOSA PROJECT の目指す青写真です。

わくわく、どきどき、愉快爽快に、
生きる知恵を身につける場として、
SOSA PROJECT を一緒に楽しみましょう!