toggle
『自給・自信・自立』がつながりあう " 地域 " と " 知域 "
2017-06-18

【7/8】【7/9】石窯を作るWSをします♪

6月、18日19日は、ツリーハウスの階段を直すWSです。
階段を直すほかにも、遊べるような付属のものを作れたらいいなと思っています。
きっとこれで、ツリーハウスのWSは終わりだと思います。たぶん(*^-^*)

まだそれが終わらないうちから、作りたいものができてしまい、
来月は石窯を作るWSをすることにしました。

石窯でピザやパンを焼けたらいいな♪と思っています。

2年くらい前かな?オーブンレンジが壊れて、その後新しく買わずに来てしまい、
それほど不便もなかったのですが、最近パンを焼きたい気持ちが大きくなってきて、
オーブンを買おうかなってちょっと迷ったのですが、
新しく買うくらいなら、石窯を作っちゃおう!と思って、相談したら、
あれよあれよとWSができる流れになりました♪

薪でご飯を炊く楽しさ、おいしさを知っているから、パンも薪で焼いてみたい♪

そしてオーブンを買ったほうが早いし、きっと安いと思うけれど、
買うしかないと思っていたものが作れるって楽しい!それもみんなで(*^-^*)
作る暮らしを楽しみたいって思います。

7月からだいたい1か月に1度ほどの頻度でWSを行い、3か月くらいかけて、
完成させる予定です。
7月は日程が決まっていますが、それ以降はまだ未定です。
決まり次第、お知らせします。
7月は簡易型レンガ窯を1日で作ります。
出来上がったら、ピザパーティできたらいいなぁ(*^-^*)

以下、1回目、7月の詳細です。


<日時>
7月8日(土)10時半から夕方まで
7月9日(日)10時半から夕方まで

<場所>
匝瑳市の古民家まりりん邸
(お申し込みの方に住所をお知らせします)
電車の方は最寄り駅、JR総武本線八日市場駅まで送迎します。

<作業内容>
〜 1回目 〜
土曜日:荷物の整理設置場所、位置決め土台と小屋がなければ作成diy
簡易型レンガ窯作成約二時間
ドーム型窯は土台、耐火ボード、耐火煉瓦、窯の入り口のアーチ作り
日曜日:窯の内部の空間作り、
(内部表皮一層目 蓄熱二層目 骨格三層目 断熱最終4層目)
そこから1カ月自然乾燥

<講師>
安田浩則さん
ハコネエコビレッジで活動されていて、石窯は自宅やハコネでも作成されています。
4月はツリーハウスに小さな電気をつけてくれました。

<参加費>
2000円(小学生以下無料)

※2日間通して参加の方は、宿泊も承りますので、ご相談ください。

<問い合わせ・申し込み先>
まりりん cbv50790☆pop01.odn.ne.jp(☆は@に変えてください)


安田さんの自宅のトトロ窯♡

私はどんなのにしようかな~と、ワクワクしながら構想中です(*^-^*)

ぜひ一緒に作ってください♡

余談ですが、石窯を作りたいなぁ・・・と思ってから、相談するまで、
ちょっと時間がかかりました。
(まあ、ツリーハウスのときもそうだったかもしれないけれど・・・)

場所はどうしようか、とか、予算はいくらくらいかかるんだろう?とか
頭の中でぐるぐる考え始めると、行動に移せなくなっちゃって。

でも最近考えるのをやめようと努めてしていて、
そして頭の中の考えをとにかく外に出してあげようと思いました。
まずは、安田さんに相談しました。

一番気がかりだったのは、予算だったのですが、普通にいったら(全部買うとしたら)
6万円くらいかかるんじゃないかって言われて、う~んとなったんだけれど、
安田さんが青山君(ツリーハウスの講師をしてくれている)に相談したら、
廃材が集まるんじゃないかって言ってくれて、青山君に相談すると、
レンガや土台にする木材など廃材があるとのこと。
他にもいろいろ協力してくれるとのことで、買うものはかなり少なくなりました。

頭の中でぐるぐる考えていたものを外に出してあげたら、
あれよあれよという間にWSができる流れになって、
その最中も「もうちょっと考えたほうがいいのでは?」って立ち止まろうとしたんだけれど、
もうそれもやめちゃえ!って流れに乗っちゃって、ツリーハウスのWSが終わって間もない、
7月に開催することにしました。

1人でぐるぐる考えていたら、きっといつまでたってもできなかったと思うけれど、
アイディア出してもらったり、協力してもらったりすることで、
あっという間にできることになっちゃって、自分でもちょっとびっくりしてたんです。

改めて、人とのつながりって素晴らしいなって思いました。

1人ではできないと思っていたことを、こうして可能にしてくれる・・・
本当にありがたい気持ちでいっぱいです♡

そうしてやっぱり私のやりたいことっていうのは、田舎暮らしをする中でできることだし、
それは、作る暮らしだし、暮らしを創造するってことなのかなと思います。

そして、思いつくことを次から次へとやっていたことが、
そのすべてがつながって、未来のビジョンへと向かっていくようです。
(この話はまたいつか♪)

 

ぜひぜひみんなで暮らしを作っていきたいです♪
同じような思いを持つ方がいたら、ぜひ参加してね~♡

自然と調和して生きる!まりりんの里山古民家暮らし


関連記事